ホーム‎ > ‎業界ニュース‎ > ‎

スマホユーザーの過半数が公衆無線LANを利用

2015/04/16 20:33 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2015/04/16 20:36 に更新しました ]
スマホユーザーの過半数が公衆無線LANを利用 - ICT総研調査
ICT総研が16日に公開した「公衆無線LANサービス(Wi-Fiサービス)市場に関する調査結果」によると、スマートフォンユーザーのうち56%が公衆無線LANサービスを利用しているという。
スマートフォンユーザーの過半数が公衆無線LANを利用している
同社が2015年3月に4,412人を対象として実施したアンケート調査では、スマートフォンユーザー2,159人のうち、56.1%にあたる1,212人が公衆無線LANサービスを利用していると回答した。同社は、スマートフォンユーザーの多くが契約時にキャリアの公衆無線LANサービスに加入することもあり、契約者数は今後も増え続ける見通しだと分析している。しかし、屋外でのWi-Fi利用設定をオフにするユーザーも多いため、契約数と利用者数は乖離しているという。
また、公衆無線LANサービスの2014年度末(2015年3月末)利用者数は2,278万人で、そのうち個人利用者は1,987万人、ビジネス利用者は291万人だった。同社は、今後も利用者数は増加し、2015年度末には22%増の2,779万人、2016年度には3,000万人、2018年度には4,000万人を超えると予想している。
本文へ・・・ (マイナビニュースより転載)