ホーム‎ > ‎業界ニュース‎ > ‎

AWS、アーカイブ/バックアップ向けのクラウドストレージ「Amazon Glacier」

2012/08/21 21:54 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2012/08/21 21:57 に更新しました ]
米Amazon Web Services(AWS)は20日(米国時間)、従来よりも低価格なクラウドストレージサービス「Amazon Glacier」を発表した。アクセス頻度は低いものの、保管し続けることが重要なデータ向けに設計されているとのことで、アーカイブやバックアップ、コンプライアンス関連データの保管などに適しているという。
「Amazon Glacier」は、アーカイブやバックアップなどで利用するのに適したクラウドストレージサービス。保存されたアイテムにつき年平均99.999999999%の耐久性を提供するよう設計されているほか、自動的に全データを複数のデータセンターで複製し、継続的にデータの完全性・整合性をチェックする仕組みによって、高い可用性を実現しているという。さらにデータはAES 256ビットで暗号化され、変更不可能な形式で保存される。
全文へ・・・
Comments