ニュース

プレスリリース

  • 「Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムの参加資格の訂正 2019年9月6日株式会社FASTER「Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムの参加資格の関して、当社に掲載に誤りがございました。これまで資格対象と説明しておりました「公立図書館」は、対象となっておりませんでした。Google社の「資格に関するガイドライン」には次のように記載されています。テックスープ ジャパン(TechSoup Global の地域団体)に現在登録されている必要があります。(1)市や都道府県により認定された特定非営利活動法人(NPO)、(2)市や都道府県または厚生労働省により承認された社会福祉法人、(3)公益認定等委員会により認定された公益社団法人または公益財団法人、(4)法人税法に定められている非営利型法人に該当する一般社団法人、のいずれかである必要があります。https://support.google.com/nonprofits/answer/3215869?hl=ja訂正してお詫びいたします。
    投稿: 2019/09/06 6:59、FASTER Takeuchi
  • IPERIUS BACKUPの最新バーション(6.2.4)公開のお知らせ 新機能ドライブイメージ:リムーバブルUSBおよびFirewireドライブの複製が可能になりました。いくつかの改善と最適化を実施しました。公開サイト:http://iperiusbackup.faster.ne.jp/
    投稿: 2019/08/15 18:56、FASTER Takeuchi
  • IPERIUS BACKUPの最新バーション(6.2.2)を公開 2019年7月7日株式会社FASTER株式会社FASTERは、バックアップソフトウェア「IPERIUS BACKUP」の最新バージョン(6.2.1)の発売を開始しました。IPERIUS BACKUPは、Enter Srl社(伊)が開発した、Windows用の軽量で高機能なバックアップソフトウェアです。日本語を含む13ヶ国の言語の対応しており 150ヶ国を超える国々で利用されています。【Ver.6.2.0以降の主な改良点】IPERIUS BACKUPには、システムを丸ごとバックアップするための独自機能が備わっています。(Iperiusドライブイメージバックアップ)これを使用してバックアップしたデータは、同一筐体のみならす VMwareやHyper-Vといった仮想環境に加え、異なるハードウェアに対してもリストアすることが可能です。これはベアメタル復旧とも呼ばれ、障害復旧以外に「ハードウェア間でシステムを移植する用途」でご利用になれます。操作は極めて簡単で、移植先のハードウェア上で ISOドライブ(CDやDVD)もしくはUSBメモリから「Iperius Recovery Environment」を起動した後に、バックアップデータを選択して復元するだけです。  https://www.iperiusbackup.net/en/restore-drive-image-backup-system-recovery-with-iperius/バージョン 6.2.0以降では、このドライブイメージバックアップの操作性と互換性がより強化されました。【製品概要】IPERIUS BACKUPは、Windows ServerおよびWindows PC用のバックアップソフトウェアです。ファイルバックアップとドライブイメージバックアップが可能で、バックアップ先にはクラウド(Googleドライブ、Amazon S3、Azure Storage、OneDriveおよびDropbox)、NAS、FTPサーバー、テープなどが選択可能です。バックアップ対象は、ファイルサーバー、FTPサーバー、VMware ESXiおよびHyper-V、Exchange、データベース(Oracle、MySQL、MariaDB、PostgreSQL、およびSQL Server)のように多岐に渡ります。それ以外にも下記のような機能があります。・スケジュールバックアップ(各ジョブによる計画/自動実行)・Windowsサービス(バックグラウンド実行)での利用・増分バックアップ・ZIP形式への圧縮バックアップ・複数および並列バックアップの実行・メール通知詳細なレポート出力機能・ファイル拡張子に基づくバックアップ対象および対象外ファイルのフィルタの設定・各バックアップジョブによる計画 ...
    投稿: 2019/07/07 20:22、FASTER Takeuchi
  • 非営利組織の組織基盤強化フォーラムに出展 非営利組織の組織基盤強化フォーラムに当社も出展いたしました。イベント概要】1 日  時    2019616日(日)午後2時~52 場  所    かわさき市民活動センター会議室(武蔵小杉駅)3 主  催    公益財団法人かわさき市民活動センター4 募  集    非営利組織向け組織基盤強化支援サービス提供事業者等5 出展内容    サービス内容の説明・デモ、市民活動団体への相談対応等http://www2.kawasaki-shiminkatsudo.or.jp/volunt/4984/【当日の様子】お立ち寄りいただいた方、当社を訪ねてご足労いただいた方、ありがとうございました。<開場前の当社ブースの様子> <会場の様子>   
    投稿: 2019/06/28 16:14、FASTER Takeuchi
  • IPERIUS BACKUPの最新バーション(5.8.5)公開のお知らせ 新機能Windows Server 2019と互換性を検証済みですクラウドとFTPへのバックアップ:zip圧縮の際も、フルバックアップ+増分もしくは差分コピーを作成できます。SQL Server:ファイルの切り捨てと縮小によってトランザクションログをバックアップすることが可能になりましたいくつかの改良と最適化公開サイト:http://iperiusbackup.faster.ne.jp/
    投稿: 2019/01/27 5:17、FASTER Takeuchi
1 - 5 / 15 件の投稿を表示中 もっと見る »

業界ニュース

  • GoogleのTitanセキュリティキーとはこんなもの Titan Security Key を入手し評価しました。 Titanセキュリティキーは、Googleの二段階認証(二要素認証)用のデバイスです。  https://cloud.google.com/titan-security-key/?hl=ja従来からある「認証システム アプリで確認コードを確認する方法」「携帯電話の音声やメッセージで確認コードを確認する方法」ではなく、デバイスで直接認証を行ないます。USB(Type-A)タイプとBluetoothタイプの2つがあり、前者はパソコンやChromebookで ...
    投稿: 2019/08/12 4:27、FASTER Takeuchi
  • Google謹製の物理セキュリティキー「Titan」が日本でも発売 2019年8月5日 22:00手に取れる二段階認証ですぞ。Googleの「Titan セキュリティキー」は、Google自身が社内でのフィッシング対策として従業員向けに提供してきたものでした。でも、Googleが使うほどのセキュリティならみんなも使いたいよね?ということで、日本ほかカナダ、イギリス、フランスでも「Titan セキュリティキー」の販売が始まります。やったね!「Titan セキュリティキー」は、アカウントやプライバシー情報を狙ってくるフィッシング詐欺に効果的な物理キー。オンラインとローカルの二段認証を要求するFIDO U2F規格に準拠し、ドングル的に各種サービスのログイン情報を保護できます。 ...
    投稿: 2019/08/06 5:58、FASTER Takeuchi
  • 2019.06.18 怪しいサイトにユーザーがフラグを付けるChrome拡張機能 Google(グーグル)は米国時間6月18日、怪しいサイトにユーザー自身がフラグを付けられるようにする新しいChrome拡張機能を発表した。そのサイトは、Chromeはもちろん、サードパーティ製のブラウザーも利用するGoogleのSafe Browsingインデックスに登録される。またGoogleは、ユーザーを騙して資格証明書を読み取ろうとしたり、マルウェアをダウンロードさせようとするようなサイトを開く前に、アクセスをブロックする警告機能もChromeに装備した。詳細リンク:https://jp.techcrunch.com/2019/06/24/2019-06-18-https://jp.techcrunch ...
    投稿: 2019/06/28 14:42、FASTER Takeuchi
  • 2019.04.01 Gmailの標準機能でメールの送信予約が可能に! Googleが米国時間4月1日に、Gmailの新機能「送信予約機能」を発表しました。作成したメールをすぐに送信せずに、自分で設定した日時に送れるようになる新機能で、パソコン版、Android版、iOS(iPhone/iPad)版のGmailで利用できます。詳細リンク:https://dekiru.net/article/18390/引用:できるネット より
    投稿: 2019/06/28 14:38、FASTER Takeuchi
  • 2019.03.15 Gmailで世界規模の障害発生 2019年3月13日の午前に、Gmailで世界規模の障害発生。国内でも多くのユーザーでで、添付ファイル付きメールが送信できない、メールの添付ファイルがダウンロードできない等の事象が起きました。事象は約4時間に渡って続き、同日の15:30頃にようやくGoogleより「修正対応が完了した」との通知がでました。 本件に関するGoogle社の障害報告レポートを添付します。
    投稿: 2019/03/16 6:56、FASTER Takeuchi
1 - 5 / 67 件の投稿を表示中 もっと見る »