ニュース‎ > ‎業界ニュース‎ > ‎

サイボウズが「ウルトラワーク」の実験、場所と時間の制限を取り払った働き方を検証

2012/09/02 21:17 に FASTER Takeuchi が投稿   [ 2012/09/02 21:17 に更新しました ]
サイボウズは2012年8月30日、時間・場所の制約を取り払った働き方の試験運用を実施中であると発表した。実施期間は2012年8月26日日曜日から9月15日土曜日の3週間。サイボウズはこの働き方を「ウルトラワーク」と呼んでいる。
今回の試験の目的は、「定められた勤務時間帯で働く」あるいは「自社オフィスで働く」といった企業における一般的な時間と場所の制約を取り払いつつ、従業員個人および組織の生産性を向上させる働き方を確立すること。「早朝に自宅で集中して仕事を進める」「育児の合間に仕事をする」「病院の診療時間の前後で仕事する」「深夜に自宅で米国の顧客とWeb会議をする」「遠方から通勤している社員同士が同僚の自宅に集まって仕事をする」といった状況を想定しているという。
全文へ・・・
Comments