Q&A 「Google Apps 導入」について

「Google Apps 導入」に関し、多く寄せられるご質問をQ&A形式で掲載しています。

 Google Apps について
Q  ITには疎いのですが、使いこなせるでしょうか?
A  Google Appsは、Gmailを中核としたシンプルなクラウドサービスです。
まずはGmailやカレンダーの利便性を実感して頂き、徐々に用途を増やして行くことをお勧めします。

Q  少人数で利用するメリットはありますか?
A  Google Appsは1ユーザからご利用頂けます。
一般にクラウドはユーザ数に応じた課金となりますので、大規模ユーザには向きません。
(大企業に関してはオンプレミスよりも高価になる可能性があります)その点において「Google Appsを数人で利用する」ことは、コストパフォーマンスに関して優位と言えます。

Q  個人で利用しているGmailやカレンダーと何が異なるのですか?
A  個々のサービスの使い勝手に大きな差はありません。
最大の違いは次の3点です。
1. 独自ドメインが利用できること
2. ユーザの一括管理が可能なこと
3. テクニカルサポートが受けられること

Q  既にGoogle Apps Standard Edition(無償版)を利用していますが、Google Apps for Businessに移行する必要はありますか?
A  無償版のGoogle Appsは、既に新規申し込みが終了となったサービスですが、既に加入されている方につきましては そのままご利用頂くことが可能です。ライセンス数やデータ容量が足りており、有償版の追加機能が必要でないなら 無償版のままでお使い頂くいて問題はありません。

Q  無償版と有償版の混在は可能ですか?
A  既にお使いの無償版のライセンス数に、有償版のライセンスを追加することはできません。
例) 既に5ユーザの無償版のご利用頂いているお客様が、更にユーザ数を1人増やしたい場合・・・
   新たに6ユーザの有償ライセンスをご購入頂く必要があります。

Q  様々なIT技術やサービスがある中で、Googleを選ぶメリットはありますか?
A  「まずはGoogle Appsから始めてみる」というのは賢明な選択肢だと思います。
現在のように技術と情報が氾濫する中で「自社に最適な組み合わせ」を見つけことは大変な労力です。
一般に「ITに精通して」という方でも、答えを出すまでに 自身で相当な試行錯誤を行っているのが現状です。
Googleを中核に据えてみることで、まずは必要最低限の環境が整います。
世界最大規模のクラウドであるGoogleのサービスを自社のIT戦略の中心に置き、「Googleで出来ることをやる、出来ないことは(当面)見送る」ことで、スマートで拡張性の高いIT化の実現が可能となります。

Q  他のメールシステムからの乗り換えは簡単ですか?
A  過去の送受信データやアドレス帳の移行が必要になります。(幾つかの移行方法があります)
古いメールアドレスを残したまま、Gmailに統合することも可能です。

Q  フリーのGmailからの乗り換えは可能ですか?
A  フリーのGmailとGoogle AppsのGmailでは格納領域が異なりますので、他の「他のメールシステム」と同様 データの移行が必要となります。

Q  使い慣れたメールアプリケーション(Outlook や Thunderbird)を引き続き使用したいのですが・・・
A  GmailはPOP3やIMAPのメールサーバとしての機能を持っていますので、使い慣れたメールアプリケーション上からの利用も可能です。

Q  私はiPhoneユーザーですが、Googleとの相性が心配です。
A  Google AppsとiPhoneは高い親和性があります。
アプリケーションのラインナップや互換性でAndroid携帯に劣ることはありません。
Google AppsユーザがiPhoneで利用する、iPhoneユーザがGoogle Appsを採用する、何れも優れた選択と言えます。

Q  Google Appsは安定して動作しますか?
A  Google AppsはSLA 99.9%を提示しており、安定した稼働を期待できます。

Q  事故などで「データが使えなくなる」心配はないのですか?
A  可能性はゼロではありません。またサービスが稼働中の場合でも、途中のネットワークの障害が原因で一時的にアクセスできなくなる可能性は考えられます。
回避策として、オフライン機能を使う方法があります。ここではインターネットに接続されていない状況であっても 過去のGmailやカレンダーの情報を閲覧することが可能です。
またGoogle Driveのクライアントアプリケーションの導入により、ドキュメントのレプリカをローカルのパソコン上に置くことが可能です。
グーグル社ではデータの二重化やバックアップなどの極めて堅牢な仕組みを採用することで可用性を担保しています。したがって データの安全性は、個人や企業内で管理するよりも遥かに高いと考えることができます。

Q  クラウドを利用することで情報漏えいなどのリスクが増えることはありませんか?
A  グーグル社では、極めて高度なセキュリティ管理の仕組みを採用しています。
またGoogle Appsは、国際情報セキュリティ管理規格のISO 27001(ISMS)を取得しています。
ただし、ユーザ側の原因で情報セキュリティ事故が起こる可能性は否定できません。ユーザによる設定ミスやパスワードの不正取得によって情報漏えいが起こるリスクをゼロにすることは出来ません。
これはGoogleに限らず言えることですが、極めて機密性の高い情報をパブリッククラウドに置く際は「データの暗号化」などの二重のセキュリティ対策を施すことをお勧めします。またGoogleの「二段階認証」もセキュリティ上 非常に有効な手段です。

 株式会社FASTERについて
Q FASTER社とグーグル社の関係は?
A 当社はグーグル社との正規販売代理店ではありません。
Google Apps自体ははグーグル社もしくは正規販売代理店から購入して頂くことになります。
当初は  Google Apps購入の代行と導入支援を行います。

Q Google Apps はどのように入手すれば良いですか?
A ① グーグル社から直接購入して頂く
 ② 当社経由で販売代理店から購入して頂く
の2つの方法があります。ユーザ 6,000円/年間の標準価格に対して ②の場合は一割程度のお値引が可能です。

Q FASTER社を経由して導入するメリットは何がありますか?
A グーグル社/正規販売代理店から購入する場合、テクニカルサポートをそれぞれの会社が請け負います。
しかし、この
テクニカルサポートには、導入支援が含まれておらず、依頼するには別途費用が発生します。
当社では、購入代行とともに導入支援として Google Appsの利用開始に必要な一切の作業を行った上で、お客様に引き渡し致します。

Q 導入後のサポート窓口は何処になりますか?
A Googleサービスの基本的な使い方については、グーグル社もしくは正規販売代理店が電話及びメールによるサポートを行います
当社では主に運用に関する助言を行わせて頂いております。
正規販売代理店でも有料のコンサルティングを行っておりますが、当社では これらの半額程度の費用で請け負っております。

Q 導入支援が安価に出来るのは何故ですか?
A 当社のサポート業務はメールのみの受け付けとさせて頂いております。
また当社では、個人事業主やSOHOに特化した支援を行うことで不要な工数を抑えることが可能となっています。
お客様には
事前にヒアリングシートをご記入頂き、それをベースに導入のためのセッティングを行っています。
※ 障害 等の緊急対応は、グーグル社/正規販売代理店が行います。こちらは電話にて受け付けをしておりますので安心してご利用頂けます。

 その他のお問い合わせは、下記のメールアドレスから承っております。
  info@faster.ne.jp まで